【ママは笑顔が大事!】ママが笑うと赤ちゃんにどんなメリットがある?

❅出産

こんにちは、へっぽこママのちよです。

赤ちゃんが笑ってくれるだけで、ママも自然と笑顔になりますよね。その笑顔を引き出す力は、ママの笑顔にあることを知っていますか?

ママが笑うことで、赤ちゃんが本来もっている様々な力がぐんぐん育っていきます。

この記事でわかること!
  • ママの笑顔の大切さ
  • 赤ちゃんにあたえる効果
  • ママが笑顔でいられるためにはどうするか

赤ちゃんの様々な力が育ったことによって、豊かに人生を生き抜くための支えになり、学力や人間力を育てます。

初めてのことが多く、なかなか笑顔でいることができないママも多いと思いますが、赤ちゃんの力になるのであれば、まずはママが笑顔になれる環境づくりから始めてみませんか?

少しでもご参考になれば幸いです。

ママの笑顔が赤ちゃんの成長を伸ばす近道

毎日毎日やることが多く忙しいママ。ときには、「早くしなさい」「どうしてそういうことをするの?」「やめなさい!」など、子どもを強く叱ってしまい笑顔になれないことが多いのかもしれません。

ママの笑顔が赤ちゃんの成長に大きく影響するとなれば、どうしていきますか?

赤ちゃんを笑顔にさせるにはどうする?

赤ちゃんがあやして笑うのは生後3ヶ月頃から

新生児の頃はほとんどが寝て過ごしていますが、生後3ヶ月頃にはあやすと笑うようになります。それ以前でも、寝ているときに口角をあげる『生理的微笑』という本能的な行動があります。

3ヶ月ごろの赤ちゃんの笑顔は『社会的微笑』となり、パパやママの真似をして笑顔を作るようになります。しかし、まだ「楽しい」や「おもしろい」などの感情での笑顔ではありません。

ですが、パパとママが沢山笑いかけてあげることで赤ちゃんも笑顔になり、それを見たパパとママもまた笑顔になるなるため、とてもいいサイクルができます。

こうすることによって、赤ちゃんは「笑顔は楽しいもの、嬉しいものなんだ」と理解することができます。

ママの笑顔をしっかり赤ちゃんに見せることが大事

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、まだ弱くぼんやりと見えている状態です。なので最初は、ママたちの声や匂いに反応し、顔だけでの認識は難しいです。

ですが、全く見えていない訳ではないので赤ちゃんの笑顔を引き出すために、赤ちゃんに見えるくらい近づき笑いかけてあげましょう。赤ちゃんは沢山の見たものを真似し覚えていきます。

その時に、笑顔で言葉をかけるだけでなく、くすぐってみたり、触ってみたりすることで「聴覚」や「触覚」等にも刺激を与えてあげることができます。

⚠️よく笑わなくても心配しない

生後3ヶ月頃から笑顔がではじめますが、あくまでも目安なので生後6ヶ月頃になってやっと笑う赤ちゃんもいます。

よく笑うか笑わないかは、赤ちゃんの性格にもよるためママが笑いかけても笑い返ってこない事に落ち込む必要はありません!

赤ちゃんから笑顔が返ってこなかったとしてもママたちが積極的に笑いかけてあげることでしっかり赤ちゃんに思いは届き、成長してからたくさん笑うようになります。

もしも、笑い帰ってこない他に「目が合わない」「スキンシップを嫌がる」etc…仕草が見られるようであれば、乳児健診等に相談してみましょう。

ママが笑うことで赤ちゃんにもたらす効果は?

ママの真似をし明るい子になる

赤ちゃんが成長してくると、思いがけない行動でびっくりすることがあります。

実は、パパやママの真似をしていることが多いのです。

もともと、赤ちゃんはママやパパ、周りの大人達の真似をして覚える機能が備わってきます。ママが笑うことで、赤ちゃんも笑顔になり明るい性格になる可能性があります。

よく笑うことはポジティブ思考であることにつながってくるそうです。

子供の失敗に怒ってしまうママもいれば、笑い飛ばしてしまうママもいます。

どんなことでも笑い飛ばしてしまえるわけではありませんが、それだけの余裕があればこそなので『もう一度頑張ろう』という気持ちの切り替えもうまくいきやすいと言われています。

赤ちゃんの脳にどんな良い影響があるの?

幼児教育の方法にも様々な方法がありますが、赤ちゃんにのできて効果が高いのが『よく笑う』ことだそうです。

赤ちゃんの『よく動く、眠る、笑う』ことで、脳の神経細胞をつなぐ「シナプス」が増え脳の発達が促されます。シナプスが増えるのは2歳がピークで6歳ごろには脳の90%ができると言われています。

この期間に、いかにシナプスを増やすかが子どもの知能を高め、可能性を広げるかが鍵になります。

シナプスとは、神経情報を出力する側と入力される側の間に発達した、情報伝達のための接触構造である。 最も基本的な構造はシナプス前細胞の軸索末端がシナプス後細胞の樹状突起に接触しているものである。引用:脳科学辞典wiki

ほかにも、笑うことで心も身体も健康にすることができ、前向きな気持になります。創造力を豊かにするので仕事の効率を上げる効果があるそうです。

笑うだけで免疫力がアップし病気を寄せ付けなくすることもわかっています。

赤ちゃんはママの笑う声だけでも安心する

赤ちゃんがニコニコと笑顔でいると、つい抱っこしたり遊んであげたりとお世話したくなりますよね。

これは、赤ちゃんがままに笑顔を見せることで構ってくれると知っているからだそうです。

また、ママが笑顔でいることで赤ちゃんはママの機嫌が良い事がわかります。

逆にママが悲しい顔していたり、怒っていたり、イライラしていたりすると赤ちゃんにもその気持が伝わってしまうと言われるほどです。

なので、ママがネガティブ思考のままお世話をしていると、赤ちゃんもその不安を感じ取り余計にぐずったり泣いてしまうことが増えてしまいます。もちろん赤ちゃんからも笑顔が消えてしまいます。

こうした悪循環を防ぐためにも、笑顔で明るい気持ちで赤ちゃんに接してあげましょう。

自主性とチャレンジする勇気が育つ【自分でやる力】

笑顔があふれる家庭で育った子どもは、肩に無駄な力が入っておらず自然体でいられます。

どのような結果になっても、家族が笑顔で受け入れてくれることがわかっているので失敗する可能性に怯えることがありません。

色々なことに積極的になり「やってみよう!」という意欲が自然と湧いてきます。そうやって挑戦して得た経験は、全て生きていくための糧となるのです。

やりとげるようになる【続ける力】

心配しすぎてしまうママは「そんなやり方では駄目」と口を出してしまいがちです。子どもが自分自身の力でやり続け、やり遂げる達成感を奪ってしまうことになります。

こうしたママのもとで育った子どもは、発想力が乏しくなり少しひねった問題を出しても解けないことが多いです。

反対に、ママが笑顔でおおらかに見守っていると、子どもは安心し物事に向き合えます。途中でうまく行かなくても、不安になったりいせず自分で試行錯誤し、自分のやり方でやり続ける事ができます。

好きなことに没頭する【楽しむ力】

ある一流アスリートのお母さんは、試合後の結果は聞かず”満足のいくプレーだったか”や”楽しめたかどうか”を明るく尋ねるそうです。

このようにママがゆっくりとした気持ちで構えていることで、子どもは怯えるような感情「失敗したら怒られる」などのプレッシャーを感じないですみ、勉強やスポーツなど、なんごとも楽しみながら取り組むことができます。

また、人の失敗に対しても寛容な気持ちを持てるようになり、相手を思いやる気持ちも育つことになります。

ママが笑顔でいることで家庭も明るくなる

夫婦円満も笑顔が基本!

笑顔の効果はママと赤ちゃんの間だけでなく、夫婦の間にもいい影響を与えます。

仲の良い夫婦でいるためには会話をたくさんすることも大切ですが、まずは笑顔で接することが大切です。

「おはよう」や「いってらっしゃい」「お疲れ様」など、何気ない挨拶も笑顔ですることによって無表情でするのと全く印象が違います。

ママの笑顔を沢山見せることによって、癒やされ「もっと頑張ろう」とパパの仕事の効率も上がり、モチベーションも上がるそうです。

夫婦の間で笑顔が増えれば、自然と子どもたちも笑顔が多くなっていき、夫婦円満、家庭円満になっていきます。

幸せオーラで周りも幸せに

誰かが笑い出すと周りも釣られて笑ってしまうことがありますよね。笑顔は、周りも巻き込んで幸せな気持ちにさせる作用があります。

それは自分自身にもあてはまり、いつも笑顔でいることを心がけることで幸せな気持ちでいることができます。且つ、幸せオーラが溢れている人には自然と人が集まってくるそうです。

笑いジワを気にしてしまうママも多いと思いますが、笑うことによってできたシワは幸福な人の象徴です。もちろん、若々しさをキープするアンチエイジングにも笑顔歯効果的です。

ストレス減少、精神的にも安定する

笑顔は、免疫力をあげてストレス発散にも効果的です。

その効果は高齢者の健康維持にも役立たれており、積極的に大きな声で笑うような取り組みもされているそうです。

作り笑いでも脳のドーパミンが分泌され、精神的な安定につながるという実験結果もでているそうです。作り笑いを続けることによって、本当の「笑顔」がでやすくなるのもポイントとなります。

ポジティブな気持ちが笑顔を生み出し、笑いがポジティブな気持ちを生みます。どちらが最初でも同じように効果があります。心がけてみてください!

笑顔で子育てするために!

笑顔で子育てをするために、心が楽になる育児を心がけてみてください。

自分の幸せを見つめる

子どもの将来のために、厳しく鬼のような気迫の表情で子どもに習い事などをさせるママがいますが、子どもに将来幸せな人生を送ってほしいのであれば今、幼児期に子どもが「楽しい!」「幸せだ!」と感じている時間を重ねることが大切です。

幸せとは何なのか、ということがわかっていなければ大人になっても幸せを手に入れることができないからです。

また、ママ自身が幸せでないと子どもも幸せと感じられません。ママ自身が幸せと感じる生き方を探してみましょう。

世間体を気にしない

世間体を気にしすぎていると、圧迫感やストレスを感じてしまいます。

みんなと違うことを恐れ、人と同じでないと不安になってしまうのです。

また、子供同士を比較してしまい買った負けたなど気にしてしまうと、際限なく競争できる対象ばかりを探すようになってしまいます。

正解のない子育てだからこそ、「自分の子育て」を貫き「ブレない子育て軸」を持つことが大切です。他のこと比べても、人間ひとりひとり違います。自分の子どもの小さい成長に目を向け、子どもが頑張ったときには結果ではなく、子ども自身がが”納得できたか”や”満足できたか”などで褒められるようになります。

親バカでいい!

子どもが頑張った時、誰かに優しくした時などには、ママは周りをはばかりことなく思いっきり笑顔で喜んであげましょう!

子どもができたことは、ママにとって単純に嬉しいことですし、そうされたことで子ども自身も嬉しく安心し、愛されていることを実感できます。

『親子なら言わなくても愛情は伝わる』と言うのはただの思いこみです。

表情、言葉、仕草でどんどん伝えてあげましょう。周りから「親バカだ」と言われても良いんです。親ばかで良いのです!

子どもが、どんな時もママたちは自分を受け止めてくれる、愛してくれる、味方でいてくれると実感できることが何より大事なことなのです。

まとめ

ママの笑顔には、こんな力が秘められています。

あまり意識していなかったママもこれを気に、笑顔で赤ちゃんに接してみませんか?

「笑う門には福来る」という言葉がありますが、笑顔でいることで数え切れないほどの沢山の効果を発揮します。赤ちゃんや子どもにたくさん笑ってほしいなら、まずはパパとママが沢山笑顔で接してあげて、赤ちゃんに幸せな気持ちを伝えてあげましょう。

この記事を書いた人
へっぽこママのちよ

育児・子育ての手助けブログです!
17歳の年の差婚、ママは2年目になります。
未熟なところがありますが、愛しい息子と毎日育児に奮闘中!
自分も初めてで助けられたことを他のママさんにも共有したいと思っています。
TwitterやInstagramなどもやっているのでお気軽にお声掛けください^^

へっぽこママのちよをフォローする

子育てママの力になる情報が盛りだくさん!

・初めての妊娠でわからないこと、不安なことがある。
・初めての出産で毎日がすごく不安
・初めての育児が思うようにいかない、これでいいのか不安。など
たくさんの悩みを抱えているママさんが 少しでも元気になるように!明るくなるように! 参考になる情報をお届けしています!

友だち追加
❅出産全て❔子育て・お悩み
へっぽこママのちよをフォローする
おひさまっこ子育て

コメント

タイトルとURLをコピーしました