【専業主夫】でもいいじゃない!主夫のメリットとデメリットはなに?

☆妊娠

こんにちは、へっぽこママのちよです。

「専業主夫になってみたい!」と憧れているパパ必見です。

“専業主婦”と”専業主夫”の違いは、ママがパパに変わっただけですることは特に変わりがありません。

この記事でわかること!
  • 専業主夫ってなにするの?
  • 専業主夫のメリット・デメリット

専業主婦への理解は多いのですが、「専業主夫」になると不思議に思われ、批判的な目で見られることも多いです。ですが、現代では女性もバリバリ働く時代になっています。

専業主夫もどうか理解を得られる時代になってほしいですね。

専業主夫は家庭を支えるのが仕事

“専業主婦”が「専業主夫」になっただけだから、家事をやれば良いんだと思われがちですがそんなに簡単なものではありません。

しっかりと本質を捉えていないと、憧れていた専業主夫になったときにイメージと違うものを求められ困ってしまいます。専業主夫である以上、まずは生活面をしっかりと支えなければいけません。

生活面での家庭を支える中で一番の本質は、家事になります。

家事と聞くと、いつもはママがやってることをすれば良いんでしょ~と思うかもしれませんが、思っていることは間違っていません…。ですが、ママはパパが見ていないときでも動いています。

『家事』とは、買い出しや食事の準備、片付け、洗濯、掃除、子ども関係や自分たちの書類整理や準備など…やるべきことはたくさんあります。

特に、食事や洗濯、掃除は毎日やらなければなりません。また、買い出しは収入に対して過剰な支出がないように家計を管理しなければなりません。

これら上記のことを率先してやらなければなりません。

もちろん、ママと分担できるところは分担しながらやればいいのですが、家庭内でやらなければならないことは、メインで動かなければなりません。これだけを見ていると、憧れていた専業主夫とはかけ離れたのではないのでしょうか?

ママがやっているのを見ると「楽そうだな~」なんて思うかもしれませんが、いざ自分がやることを考えると難しく感じると思います。

しかし、少しずつ慣れていけば誰でも専業主夫になれます!なりたい気持ちを失わないでくださいね。

専業主夫になると得られるメリット

  • ストレスが減る
  • 家族との時間が増える
  • 平日しかできない用事が自由にできる
  • やりたいことに挑戦できる
  • 家事が楽しく思える
  • ママを大切に思える

上記のことを詳しくご紹介します。

ストレスが減る

働いているときは、会社のやり方や人間関係に悩んでいませんでしたか?

1人にかかる仕事の負担も多かったり、本来の業務以上のことをやっていたり…。不満を抱きつつも、そんな毎日を過ごしていたら、行きたくもなくなりますよね。

そんなストレスがたまり、子供やママに当たってしまうことも多いと思います。

こんな精神的にストレスを抱えて働いているより、もういっそ専業主夫になることで精神も安定し、子供やママに当たることもなく家庭に笑顔が戻ってきます。

ストレスフリーになるのは、専業主夫になるための一番のメリットだと思います。

家族との時間が増える

仕事でなかなか一緒に関わることができなかった子どもたちと、過ごせる時間が増えます。

朝、子どもたちを見送って、帰ってきたら宿題を見てあげたり、一緒にご飯を食べて家族で団らんする…些細なことかもしれませんが、家族と過ごす時間は心から幸せに感じます。

専業主夫になることで、時間に追われず余裕がでてくるので家庭と家族と向き合うことができます。

平日にしかできない用事を自由にできる

平日にしかできない用事って結構あると思います。

銀行だったり役所関係であったり、学校行事も平日が多いですよね。

そんな時仕事をしていたら、わざわざ有給をとったりお昼休み急いで行ったりしなければないりませんが、専業主夫であれば平日余裕を持って行けるので助かりますね!

やりたいことに挑戦できる

仕事をしていると、自分のやりたいことを見つけてもなかなかやる時間が取れなかったりしますが、専業主夫になって時間に余裕が持てるようになれば、少しずつでもやりたいことを出来るかもしれませんね。

家事が楽しく思える

挑戦したことのない家事をやって慣れてくる頃には、楽しくなってきます。

料理するのが好きなら、こんな新しいものを作ってみよう!や掃除が好きになれば、ピカピカになるのが気持ちいい!などやっていて楽しくなってモチベーションが上がりますね。

料理、洗濯、掃除、どれも家族が喜んでくれるとなお幸せな気持ちにありますね。

ママを大切に思える

家計を支えるべく働いているママに感謝の気持を伝えましょう。

世間ではまだまだ少ない専業主夫になることを受け入れて、嫌な顔せず頑張ってくれる、家事も育児も分担していたらなお感謝が大切ですね。夫婦仲が更に良くなります!

専業主夫になると受けるデメリット

  • 経済面での不安
  • 自己管理と時間管理が大変
  • 人付き合いが減る
  • お金を稼いでない後ろめたさがある
  • 専業主夫だと周りに言えない

上記のことを詳しくご紹介します。

経済面での不安

もともと共働きで働いていた場合、ママだけの収入だけになります。

収入額にもよりますが、単純に考えると家計の収入が半分になってしまうのです。

貯金がないと、その分補えなくなってしまうので、専業主夫を考えているのであれば今は全力で貯金することをおすすめします。

自己管理と時間管理が大変

自分自身でしっかりと時間を管理していないと、無駄な時間だけが過ぎていってしまいます。家事などをこなすだけで良いのであれば、それでも良いのかもしれませんが、やりたいことがある人はその時間を有意義に使って取り組んでいかないと、いくら時間が合ってもその時間が無駄になってしまいます。

時間に余裕があり、誰にも何も言われないからといってもメリハリを付けることが大切です。

人付き合いが減る

家にいることで、会話をする人が家族かペットを飼っていればペットだけです。

もともと人付き合いが苦手な人にとっては、人付き合いに慣れる機会がなく急に大勢がいるところに行くことで面倒に感じだり怖くなってしまうかもしれません。

お金を稼いでない後ろめたさがある

ママになにか文句言われたわけでもないのに、お金を稼いでいない全部任せっきりにしていると、後ろめたさを感じてしまうかもしれません。

こんな気持があるのであれば、主夫でも始められる在宅ワークを初めて見るのも良いかもしれません!

専業主夫だと周りに言えない

世間的には珍しいため、妻の”ヒモ”だと思われてしまいがちです。

そのくらい理解がないために、自分の親や周りに「専業主夫なんだ」と正直に語れないと感じてしまうのです。こんな時在宅ワークをしていると、家で仕事してるよ~なんて言えますね。

まとめ

ただ、専業主婦から専業主夫になっただけで、妻のヒモや働いてないなんて妻が可哀想だと言われるのでしょうか?

まだまだ、理解されていない環境ではありますが『専業主夫になることは悪いことではありません!』

メリット・デメリットふまえたうえで、家族で話し合ってみては如何でしょうか?

ご参考になれば幸いです、最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
へっぽこママのちよ

育児・子育ての手助けブログです!
17歳の年の差婚、ママは2年目になります。
未熟なところがありますが、愛しい息子と毎日育児に奮闘中!
自分も初めてで助けられたことを他のママさんにも共有したいと思っています。
TwitterやInstagramなどもやっているのでお気軽にお声掛けください^^

へっぽこママのちよをフォローする

子育てママの力になる情報が盛りだくさん!

・初めての妊娠でわからないこと、不安なことがある。
・初めての出産で毎日がすごく不安
・初めての育児が思うようにいかない、これでいいのか不安。など
たくさんの悩みを抱えているママさんが 少しでも元気になるように!明るくなるように! 参考になる情報をお届けしています!

友だち追加
☆妊娠❅出産全て❔子育て・お悩み
へっぽこママのちよをフォローする
おひさまっこ子育て

コメント

タイトルとURLをコピーしました