【過干渉な姑】どんな特徴があるの?対策方法ご紹介します!

全て

こんにちは、へっぽこママのちよです。

嫁姑問題にも色々とありますが、「愛情の押し売り」のような形でお嫁さんを困らせる姑が存在するのを知っていますか?夫婦の時間に無意識に侵入してくる『過干渉な姑』です。

直接的にいじめられているわけではないため、お嫁さんからすれば何も言えず、我慢してしまいストレスをためる原因にもなります。

この記事でわかること
  • 過干渉な姑の特徴
  • 夫はなぜ理解できないのか
  • 過干渉な姑の対処法

少しでも、結婚生活が苦にならないためにご参考に慣れば幸いです。

過干渉な姑の特徴と心理はどんなもの?

過干渉の姑は一体どんな行動を取るのかご紹介します。

子ども夫婦の時間を奪う

過干渉な姑は、子ども夫婦の都合を考えず平気で時間を奪います。

朝であろうが夜であろうが、こちら側の都合は一切関係なしに用もなくしょっちゅう電話をしてきたりします。また、あるときには「近くまで来たから…」などと都合よく連絡もせずに家にやってきたりします。

こんな行動されてもこちら側からすれば困るのですが、姑本人は”無意識“にしている行動なのです。嫁を困らせていることに気づくこともありません。

それどころか、『家族を大切にしている』と思い込み、しょっちゅうベタベタと付き合いたがります。過干渉な姑は、息子が結婚して別世帯になってもなかなか子離れできません。

息子が結婚したことで、これまでの生活が変わるのを必死で阻止しようとします。そのため、子ども夫婦に必要以上に干渉したり、息子のお嫁さんにも取り入って『家族の絆』を強めようとするのです。

不要な贈り物をしてくる

“贈り物”というものは、本来であれば嬉しいものです。ですが、姑からの贈り物には実際「嬉しいもの」というよりも「困るもの」のほうが多いのです。

・「あなたに似合うと思って!」と姑好みの服を買ってくる

・食器や寝具などの家財道具

・義母が使用していたお古のかばんや洋服

・家族では食べ切れないほどの大量の野菜や賞味期限が近い食品 など

贈り物をする前に、こちら側が必要かどうかの連絡などを貰えれば良いのですが、なんの連絡もないまま急に届けに来たり、送ってこられると迷惑という嫌な気持ちになりますよね。

ですが、「いらない」「捨てたい」と思っていても、姑からの行為を無下にはできず「あれ?私からのプレゼントはどうしたの?」と聞かれたときのために捨てられないというお嫁さんは多いのではないのでしょうか?

「お気持ちだけで…」とやんわりお断りしても、「気を使わないで!」や「遠慮しなくていいから!」などと、お嫁さんの気持ちには一切気づこうとはしません。

贈り物をしょっちゅうしてくる姑は、無意識に「大事な息子を取られた!」と思っていることが多く。子ども夫婦に贈り物や援助をすることで”息子の気を引き”親子の絆を取り戻そうとするのですです。

そのために、お嫁さんにも贈り物をすることで「私は良い姑」を演じ自分の評価を上げて、自分のことを思い出すように仕向けてきます。

姑本人は善意でやっているつもりですが、その行為がどれだけ相手に迷惑をかけているか気づきません。嫁が迷惑と感じる贈り物は、姑の自己満足でしかなく、ただの愛情の押し売りです。

姑本人の問題に子ども夫婦を巻き込む

過干渉な姑の特徴で『自分の問題に子ども夫婦を巻き込む姑』です。

このタイプの姑は、自分にとってショックなことや不幸なことが起きると、子ども夫婦を巻き込んで問題を解決しようとします。「わしは今こんなに不幸なの!可哀想でしょ?」とでもいうかのように、自分の不幸な立場をアピールしてきます。

・夫婦喧嘩をして、愚痴を言うために何度も電話をかけてくる。

・義父母が離婚した場合、精神的に立ち直れずに自立した生活ができない。

・病気などで介護が必要な場合でも、専門家に任せず子ども夫婦に介護してもらおうとする。 など

自分の不幸の問題を武器に子ども夫婦に甘えて依存してきます。

誰でも親が病気になったり、辛いときには心配するのが当然です。最初は力になってあげたいと思いから、話を聞いてあげたり、自立できるよう援助してあげたりするのですが、問題なのはその後です。

問題がある程度まで解決し、もう自立しても良いはずなのに、ずっと子どもに頼ってしがみつく姑が居ます。

『不幸な姑』の話し相手になったり、お世話したりする嫁1人しか居ない場合は最悪です。「いつまでこんな日々が続くの?」「いい加減自立してほしい!」と、お嫁さんのストレスは逃げ場がないほど膨れ上がります。

こうなってしまうと、心も体も疲れ果ててしまい、自分自身の生活にも影響が出てきてしまいます。どれだけ自分自身を犠牲にして姑に尽くしても、いずれは『恨み』や『嫌悪感』がでてきて、夫婦の生活も助けようとしている姑さえも、最終的には傷つく結果になってしまうのです。

『姑の世話をするのは自分しか居ない』と思い込まないでください。

・夫に相談する

・公的なサービス(ヘルパーさんなど)を利用する

・姑本人に「自分の限界」を素直に伝える

などして、あなた自身やあなたの生活が壊れてしまわないように、しっかり考えていきましょう。

家族で過ごす時間で愛情を計る

お嫁さんは拒絶する姑と異なり過干渉な姑は一見、お嫁さんを受け入れ認めている用に見えます。しかしそれは”愛情”のようにも見えるので、なかなか拒絶しにくい厄介なタイプでもあります。

まるで「私の幸せは子ども夫婦によって決まる」とでもいうかのように子ども夫婦の付き合いを過剰に求めてきます。姑の行動に悪気はないのだから…と、嫁の立場だと仕方なく付き合ってしまうのです。

過干渉な姑は子ども夫婦に

・愛情:「私はあなたなしでは生きられない。私の幸せはあなた次第」

・家族:「あなたが選んで作った新しい家族ではなく、あなたを生み育てた家族」

・伝統:「状況がどう変わろうと、今まで通りにする」

・ふれあい:「あなたは私から離れてはいけない。私が呼んだらすぐ来なさい」

このように隠された別の意味があることを知っておきましょう。

過干渉な姑の解釈は、お嫁さんとの解釈の仕方が全く異なっています。

しかも本人は「当たり前のこと」と無意識に思い込んでいるため、誰かが指摘したところで全く意味がありません。愛情という仮面をかぶった姑は、どんなに優しそうな顔をしていてもお嫁さんからすれば「毒姑」なのです。

過干渉な姑は、子ども夫婦が自分の思い通りにならなと面白く有りません。何故か、子ども夫婦のプライバシーよりも自分の欲求を満たすほうが大事だからです。

夫はなぜ妻の気持ちを理解できないのか

過干渉な姑は、あからさまにお嫁さんを攻撃したりするわけではなく、家族を大切にしてるように見えるので周りには理解してもらいにくいのです。

それはまた姑の息子である夫も同じことです。

夫にぐちでも言おうものなら「母さんは俺達のためを思って良くしてくれてるんだ」と逆に「お前のほうがおかしいだろ!」と言われるかもしれません。

夫に気持ちを理解してもらえないと悲しいですし、姑の味方なんてされたら怒りさえこみ上げてきます。愛情の押し売りをしてくる姑に結婚生活を振り回され、しかもその行動に夫がなんの疑問も抱かないのだから、穏やかに過ごすことなんてできません。

しかし、、実は夫が妻の気持ちを理解できないことは、あまりおかしなことでは有りません。というのも、幼い頃から姑の言動を見て育ってきた夫はそれしか知らないからです。

なので、、母親の行動が妻にとってどれだけうっとしいものなのか、理解ができないのは当然といえば当然なのです。といっても、やっぱり夫だけには理解してもらいたいですよね…

過干渉をやめてもらうための対策方法は?

「過干渉な姑」は愛情を武器にしてくるので、いかに波風立てずに、どうすれば今の行動をやめてもらえるのかなかなか難しい問題です。

その行動のレベルは、我慢できるものから絶対に無理!というものまで様々です。

これまで、過干渉な姑の言動に対して我慢したり、できるだけ姑との距離をおいたりしてきたのではないかと思います。ですが、過干渉な姑の言動をやめさせるには、根本的な対策が必要です。

・あなた自身の視点や考え方を変える

・夫を味方につける

・姑の言動でどうしても我慢できないことは、本人にはっきり伝える

(夫から伝えることが一番ですが、どうしても無理なら自分で伝えましょう。)

・どれも難しい場合は、嫁姑問題を得意とする専門のカウンセラーなどから、カウンセリングを受ける。 など

もし、お嫁さんが「もう絶対ムリ!」と思ってるのであれば、家族の生活のため・自分自身のためにも、我慢せずに少しでも行動を起こしましょう!

まとめ

過干渉な姑は、「子どもが結婚すれば生活が変化する。」ということをなかなか理解できません。

これまでどおり「愛情」や「家族の絆」という見えない鎖であなたを縛り付け、自分の近くへ引き寄せようとしてきます。

息子とその延長である嫁も必要だと思っているので、子ども夫婦が居ないと自分の人生が幸せと感じられないのです。そのために、子ども夫婦の時間や気持ちを理不尽に要求してきます。

身勝手な要求は、嫁の都合や立場を完全に無視しています。

過干渉な姑から、あなた自身の家族の生活が壊されてしまわないように、しっかりと現実と向き合ってみてください。

ご参考になりましたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を書いた人
へっぽこママのちよ

育児・子育ての手助けブログです!
17歳の年の差婚、ママは2年目になります。
未熟なところがありますが、愛しい息子と毎日育児に奮闘中!
自分も初めてで助けられたことを他のママさんにも共有したいと思っています。
TwitterやInstagramなどもやっているのでお気軽にお声掛けください^^

へっぽこママのちよをフォローする

子育てママの力になる情報が盛りだくさん!

・初めての妊娠でわからないこと、不安なことがある。
・初めての出産で毎日がすごく不安
・初めての育児が思うようにいかない、これでいいのか不安。など
たくさんの悩みを抱えているママさんが 少しでも元気になるように!明るくなるように! 参考になる情報をお届けしています!

友だち追加
全て❔子育て・お悩み😌結婚
へっぽこママのちよをフォローする
おひさまっこ子育て

コメント

タイトルとURLをコピーしました