おしゃれなデザイン【3輪ベビーカー】をおすすめする特徴とメリットをご紹介!

❅出産

こんにちは、へっぽこママのちよです。

今では街なかでもよく見かける、おしゃれなデザインの『3輪ベビーカー』

もうすぐ赤ちゃんが生まれるママさんや、そろそろ赤ちゃんとお出かけを考えているママさんはベビーカーの購入を考えているのではないのでしょうか?

沢山のメーカーやベビーカーの種類があり、どんなベビーカーが『自分にとって、赤ちゃんにとって』合うのか悩んでいるママさんもいらっしゃると思います。

確かに、たくさんあるメーカーや種類…費用などを含めて考えると、たくさんあるベビーカーの中から合うベビーカーを見つけるのはとても大変なことです!

そこで!沢山のメーカーの中の『3輪ベビーカー』についてご紹介したいと思います!

そうすることで少しでもベビーカーの購入に悩んでいるママさんたちの参考になり、悩む時間を減らして赤ちゃんとの特別な時間を増やすことができますね!

この記事を見てくださった方に!

2020年11月04日から始まっている楽天お買い物マラソンでお得にお買い物をしましょう!普段買うより割引されていたり、楽天ポイントの還元が高くなっています!

11月11日にキャンペーン終了となっていますので、お早めにお得にお買い物してください!

関連記事→楽天でお得にお買い物!《お買い物マラソン》を活用しよう!

今ベビー用品を買い揃えようとしているママや、赤ちゃんが生まれて落ち着いた頃に購入を考えているママさん必見になります!

この記事でわかること!
  • 3輪ベビーカーの特徴
  • 3輪ベビーカーのメリット・デメリット
  • 3輪ベビーカーの選び方とおすすめのブランド

この記事を参考に、購入を考えているご家族に合うベビーカーが見つかりますように。

ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです!

3輪ベビーカーの特徴

3輪ベビーカーは『前輪が1・後輪が2』の3つのタイヤで走行します。

タイヤは、シングルタイヤが主流ですが、ダブルタイヤの製品もあります。

エアータイヤなどで振動を抑える工夫がされていますが、タイヤ径が比較的に大きいのでコンパクトになりずらいというデメリットがあります。

3輪の特徴は『操作性が良く小回りが利く』ということです。

方向転換もスムーズにでき、段差やでこぼこ道でも楽に進むことができます。ただし安定性に優れている分、重量が重くなっているのでママ1人で持ち上げるのはすごく大変です。

3輪ベビーカーのメリット・デメリット

メリット

4輪ベビーカーに比べて走行性が安定していて、1つ1つのタイヤが大きいのでちょっとした段差やでこぼこ道でもスムーズに進めます。また、小回りもきくため曲がりくねった道でもスムーズに走行可能です。

3輪ベビーカーは走行時の振動が少ないのもメリットポイントになります!

3輪ベビーカーのほとんどがエアタイヤを採用しているため、走行時に発生する地面からの振動を吸収してくれます。振動による赤ちゃんへの心身負担が気になるママにおすすめします!

さらに一般的な3輪ベビーカーはシートの下にかごが付いており、沢山の荷物を収納が可能になります。赤ちゃんグッズをいれたり、スーパーの買い物袋を入れたりと様々な使い方ができます。

デメリット

3輪ベビーカーはサイズが大きいため、場所をとってしまいます。

そのため、狭い道などの場合は幅をとってしまうこともあるため注意が必要になります。

また、赤ちゃんと向き合って走行できる『対面式タイプ』の製品が殆どないのもデメリットの1つです。対面式タイプのものを探している場合は、4輪ベビーカーから選ぶのがおすすめです。

3輪ベビーカーを購入するときの選び方

サイズや重量

一般的な3輪ベビーカーの高さは約100~110㌢、幅は約53~61㌢ほどです。

日本の自動改札機の幅は55~60㌢が一般的なので、電車での移動が多いのであれば3輪ベビーカーを購入する前にサイズをしっかり確認しましょう。

3輪ベビーカーの重さは、約8~10kgほどが目安になります。安定感がある分、4輪ベビーカーと比較して重い傾向になります。

行動範囲内にスロープやエレベーターなどの設備がない場合は、少しでも軽い物を選ぶのがおすすめです。

車移動が多い方や、保管場所が限られている方は、折りたたみのときもサイズが重要になってきます。折りたたむと幅が半分になるものもあれば、3分の2程度にしかならないものもあります。

あらかじめ保管場所のサイズを測っておき、適切なタイプのものを選びましょう。

タイヤの種類

3輪ベビーカーは大きく分けて、3種類のタイヤがあります。

最も一般的なのが『エアタイヤ』です。必要に応じて空気を充填する必要がありますが、砂利道やでこぼこ道などの悪路でもスムーズに走行が可能です。

『メンテナンスフリータイヤ』も要チェックしてみてください。パンクの心配がないことから「パンクレスタイヤ」とも呼ばれます。エアタイヤと同じ素材を採用していますが、なかにスポンジのようなモノが含まれているのが特徴です。走行性に優れており、空気を入れる必要がありません。

また、4輪ベビーカーに多い「ノンエアタイヤ」は、サスペンションと呼ばれる衝撃を吸収する機構が組み込まれています。タイヤを大きくすることで、走行性にをカバーしています。なお、タイヤの回転が悪くなった場合は、油を差す必要があるため留意しておきましょう。

安全性

製品の安全性を判断するには、『GSマーク』の有無を確認しましょう。

GSマークとは…製品安全協会が設定した認定基準に合格したマーク

海外の製品の中にはGSマークより厳しいとされている欧州統一安全規格をクリアしているものもラインナップされています。

思わぬ事故を防ぐためにも、ブレーキの有無も要チェックです。

3輪ベビーカーは重量があるので、下り坂を走行するときは強い力で支える必要があります。ブレーキがついているものを選ぶと、傾斜のある道でも安全に走行が可能になります。

シート

赤ちゃんが座るシートも要チェックポイントになります。

赤ちゃんが小さいうちは、ミルクやヨダレなど色々な汚れがついてしまいます。なので、シートを外して洗えるものを選ぶことで、衛生的に長く使えるので安心です。

さらに、赤ちゃんの快適さにこだわるのであれば、立体クッション型のシートや厚みがしっかりあるベビーカーがおすすめです。

3輪ベビーカーの対象年齢は『生後3ヶ月〜36ヶ月』程が一般的です。

ただし、製品によっては5歳くらいまで使えるベビーカーもありますが、対象年齢ではなく適正体重が定められているベビーカーもあるので、使用前にきちんと確認しておきましょう。

3輪ベビーカーのおすすめモデル

アップリカ(Aprica)三輪ベビーカー スムーヴプレミアムAB


アップリカ(Aprica)は1947年、育児器具製品の開発及び販売会社としてスタートしました。ベビーカーをはじめ、チャイルドシートや抱っこ紐など、育児に関わる便利な製品を生み出している会社になります。

こちらのベビーカーは、赤ちゃんの頭と首を安定させ、自然な姿勢を保つ『メディカル成長マモール』を搭載した3輪ベビーカーになります。

生後1ヶ月~3歳頃まで使用可能で、座面高58㌢のハイシートなので地面からの照り返しやホコリの影響を受けにくいのがポイントのなります。シートが汚れたら気軽に手洗いができるのでいつでも清潔を保つことができます。

タイヤはメンテナンスフリータイヤを採用しており、シートの下には30Lの大容量のバスケット付きのためたくさんの荷物を持ち歩くママにはおすすめになります。

簡単に折りたたむことができ、自立することができるので玄関などにも収納しやすいです。

アップリカ(Aprica)イージー・バギー


コンパクトカーにもラクに乗せられる3輪ベビーカー。

折りたたむとコンパクトになるため、玄関先に収納しても邪魔になりにくいのが特徴です。

タイヤはメンテナンスフリータイヤを採用しており、足元にはフットブレーキがついています。ワンプッシュで安全にベビーカーを固定できます。

手元には小物が入れられるサコッシュ、シートの下にはたくさんの荷物を効率よく収納できる大きなカゴが付いています。

重さは6.9kgなのでベビーカーnなかでは軽く、持ち運び安いものもポイントになります。

ジョイー(Joie)3輪ベビーカー ライトトラックス

イギリスのベビーブランドです。

品質が良いのはもちろん、使いやすいシンプルな作りとスマートなデザインが特徴で、スタイリッシュに使えるベビー用品をお探しのママにおすすすめのブランドになります。

座面と背もたれの間にあるボタンを押したり、折りたたみハンドルを引っ張るだけで簡単に折りたためる3輪ベビーカーになります。折りたたみサイズは54×30×81㌢でわずか2秒で折りたためるので、利便性に優れています。生後1ヶ月~3歳ごろまで使用可能。

背もたれは無段階でリクライニングできるので、赤ちゃんの月齢やシートに合わせて調整することができます。シートの下には、大容量のカゴがついており、たくさんの荷物を持ち運ぶことができます。

後輪が24.5㌢と大きく、安定感のある使い心地を楽しめ、後輪にはリンクブレーキがついているため足で踏むだけで手軽に固定できるので安全です。

頭上だけでなく背面からの日差しもガードできる大型キャノピーつきでとても便利です。

エアバギー(AirBuggy)エアバギーココ ブレーキEX フロムバース ABF1007


2002年に、株式会社GMPインターナショナルにより作られました。

おしゃれなデザインと優れた操作性・耐久性から、多くの方に愛用されています。

3輪ベビーカーとしてだけでなく、ペット用のカートやショッピングカートなど、様々な形で使用できるのもエアバギーの大きな特徴になります。

こちらのベビーカーは、直径約20㌢の大きなタイヤを採用した3輪ベビーカーになります。

エアタイヤを採用しており、シートの位置が低めなので安定感があり、押し心地が良いのもポイントになります。

重さは9.5kgと少し重めですが、その分耐久性に優れており、長時間使用してもきしんだりガタついたりすることがありません。

背もたれは115°~155°の間で自由にリクライニングが出来るので、赤ちゃんは月齢に合わせて使用することができます。

まとめ

気になったベビーカーはありましたでしょうか?

街なかでよく見かける3輪ベビーカー、デザインも使いやすさもとても良さそうですが、公共機関をよく利用するママは、周囲のことを考えると少し選びにくいかもしれません。

周囲の環境に段差やでこぼこ道が多いなど、歩道の環境から3輪ベビーカーを選ぶのであれば、セカンドベビーカーとして軽量のバギーも用意しておくほうが良いでしょう。

ここでもお知らせしますが、只今《楽天買いまわり》開催中です!短期間で終了してしまうのでこの機会に是非お得にお買い物してみてください♪

また、楽天カードでの決済0と5のつく日はもっとお得にお買い物が出来るので、活用して損はありません!

関連記事→楽天でお得にお買い物!《お買い物マラソン》を活用しよう!

3輪ベビーカーのメリット・デメリットをちゃんと把握し、自分にあう、赤ちゃんに合うベビーカーを選びましょう。選ぶにしても、本当に合うか合わないか確認したい場合は、レンタルがおすすめです!

是非活用してみてください。

ご参考になりましたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
へっぽこママのちよ

育児・子育ての手助けブログです!
17歳の年の差婚、ママは2年目になります。
未熟なところがありますが、愛しい息子と毎日育児に奮闘中!
自分も初めてで助けられたことを他のママさんにも共有したいと思っています。
TwitterやInstagramなどもやっているのでお気軽にお声掛けください^^

へっぽこママのちよをフォローする

子育てママの力になる情報が盛りだくさん!

・初めての妊娠でわからないこと、不安なことがある。
・初めての出産で毎日がすごく不安
・初めての育児が思うようにいかない、これでいいのか不安。など
たくさんの悩みを抱えているママさんが 少しでも元気になるように!明るくなるように! 参考になる情報をお届けしています!

友だち追加
❅出産全て❔子育て・お悩み👍育児グッズ😆お得なお買い物
へっぽこママのちよをフォローする
おひさまっこ子育て

コメント

タイトルとURLをコピーしました