その原因は何?【産後は性欲が減少してしまう】夫婦関係に関しても大切なこと!

❅出産

こんにちは、へっぽこママのちよです。

女性にしか経験できない出産。産後の性欲はほとんど無くなるってよく話で聞きませんか?

気になる産後の性欲事情をご紹介します。

こんな人におすすめ!
  • 性欲が弱くなるのはおかしい?
  • 性欲がなくなったおかげで夫婦仲が悪くなった
  • ずっとこのままなの?

性欲がなくなってしまうと、どうしても夫婦関係が悪くなってしまうことがあります。

だからといって嫌々やるのも間違ったやり方かも知れません。お互いが、どれほど理解し合えるかが問題になります。

産後の性欲は弱くなるの?

出産は、やっと我が子に会える喜びが大きいですが、出産による身体のダメージが想像以上にすごいものです。出産後の身体は、性欲だけでなく色々なところに変化があります。

ですが、これが出産を経験した人すべての人がそうなるとは限りません。

産後の性欲は、一般的には『弱くなる』ママのほうが多いようですが、中には『強くなる』ママもいます。個人差があるので、”必ずなる”とは言い切れません。

性欲が弱くなる原因は?

『セックスしたい!』という気持ちが沸き上がってこない。1人でエッチだってする気にもなれません。これは、かっこいい男性を見ても特に沸き立つ気持ちもないほどです。

産前はあんなにしたい気持ちがあったのに…と思うママも多いと思います。

では、なぜ性欲が弱くなってしまうのでしょうか?

『母親』になってしまう

妻である女性が産後「母親」という気持ちの変化で、「夫に触られたくない」と感じえしまうほど完全に意識が変化します。

生まれたての小さな赤ちゃんは、誰かの手によって守ってあげなければ生き延びることができないのです。そうした動物的本能が強く目覚めるため、性欲よりも子育てに意識が切り替わってしまうのです。

そのため、夫からの誘いも「子育ての邪魔をされている」と感じ取ってしまい、拒否反応がでてしまうのです。その拒否反応で、夫に触られたくないと思ってしまうのです。

赤ちゃんが安定して眠ってくれる頃には、こうした拒否反応も和らぎますが、人によっては子育てが安定していても拒否を示すママもいます。その拒否が長ければ長いこと『セックスレス』という夫婦関係の深刻なもんだ良い発展していく可能性があります。

疲労で睡眠欲のほうが勝つ

夫婦での、セックスの時間帯は割と夜のほうが多いと思います。

ですが赤ちゃんの育児中、正直夜は少しでも寝ないと!思う気持ちが勝ってしまいます。

出産や育児は他人が思うより簡単なことではありません。出産には多くの体力を使い、生まれた赤ちゃんのお世話は数時間置きの過酷な環境です。

そのため十分な睡眠が取れない日々で、疲労回復せず疲れが溜まっていきます。

そんな状態で誘われても、ママ側としては『少しでも寝ていたい』、そんな暇があるなら疲労回復させたいと言うのが正直な本音です。

また、そうした気持ちがつよいからこそ性欲も感じられないのです。

疲労困憊ではパパでもセックスする意欲はわかないと思います。産後というママにとって疲れ切っている時期は、性欲を溢れさせるほうが難しいでしょう。

育児によるストレス

赤ちゃんを産むと、誰もが幸せな家庭を夢見たり想像すると思います。

しかし現実はそう甘くありません。理由がわからない夜泣きやぐずりの闘いで、パートナーの協力がなければママのストレスは溜め込む一方です。

これから大変になると意気込んでいても、実際体験してみると相当肉体的にも精神的にも堪えてしまうのが育児です。ストレスを都度解消しないと、溜まっていくだけで性欲を感じている暇なんてありません。

パートナーがそれを理解し、解消へと協力してもらえるのであれば、ママの性欲も回復するでしょう。しかし協力がないと、減少どころかセックスレスにつながってしまいます。

育児での体力的・精神的に余裕がない

産後は、子ども中心の生活です。

慣れない育児に追われ、気づいたらあっという間に1日が終わってしまいます。

日常生活の中で、余裕を作るために『趣味』や『1人で過ごす時間』などが大切になってきます。ですが、育児に追われこの大切な時間も、作ることがなかなかできません。

特に生まれたばかりの赤ちゃんは、昼夜問わずミルクを欲しがり、おむつを変えます。夜泣きもあり、そのつどママは対応に追われます。

子どもが可愛いに変わりはありませんが、こんな生活でママ自身の余裕を持つことが難しいのです。

出産による痛みがある

出産の痛みは他人が思う以上に痛みを伴うものです。

現在では、無痛分娩など痛みのない出産方法の選択もありますが、そう簡単に選択できるものではありません。そのため、一般的な普通分娩や帝王切開で出産すると、出産後の痛みを抱えながら育児することになります。

一般的には、産後1ヶ月はセックスをしてはいけません。産後の1ヶ月健診で、医師からの許可が出たら大丈夫です。ですが、痛みの強さは人それぞれ異なりますが、おおよそ1ヶ月~3ヶ月ごろには解消されます。

しかし、産後という大変な時期に痛みを抱えていたらセックスどころではありません。そして、性欲を感じても痛みを伴うのであれば、痛みへの”恐怖”もうまれます。

そんな恐怖から、性欲がどんどん減退していってしまうのです。

産後の体型で自信がなくなる

産前と比べると、当たり前ですが体型や体重に変化があります。

お腹の中で赤ちゃんが大きくなるまで10ヶ月かかり、その間お腹はパンパンに膨れ上がります。赤ちゃんが生まれ膨れたお腹は、風船ではないのでぺったんこには戻りません。

産後はそれなりに努力をしないと、体型も体重も元には戻りません。

また、産後は育児に追われ自分の体のことなんか考える余裕は全くと言っていいほどありません。そんな身体を見られるのが恥ずかしいというママもいます。

産後性欲が弱くなたときのパパへの接し方

産後の性欲が湧かない

産後性欲が湧かない、そうなってしまったら性欲の湧かない自分を悲観するのではなく『産後は仕方がない』と受け止めましょう。

そんな気持ちを持ちながらパパにはどう接していったら良いのでしょうか?

正直に伝える

性欲が強くいくらでも愛したい!という気持ちなら良いですが…『性欲が弱くなったことをパパに伝えることができない』というママも多いと思います。ですが夫婦だからこそ、ここでしっかりと共有していきましょう。

パパの中には、産後性欲が弱くなるなんて考える人はいないのではないでしょうか?

産後も普段どおりセックスができると考えていることが多いようです。特に、初めてのパートナーの産後だと余計です。

そう考えると何も言わずにいた場合、お互いの認識のズレが出てギスギスした関係になってしまう可能性があります。なので、しっかりとパパの気持ちも考えて伝えましょう。

例えば:性欲が弱くなっているのは産後のホルモンのせい、大好きな気持ちは変わっていないと強く伝えることが大切です。

感謝の気持を言う

産後の身体も万全ではない中、育児に追われる生活です。

ですがそんな中でも、1日1回をでも3日に1回でもいいので、パパの感謝の気持を伝えましょう。

夫婦関係の中でセックスはとても大切なことです。でも、なかなかできないときは、会話やお互いにリスペクトする気持ちを伝えることが大切です。

言葉遣いに気をつける

子育てに追われていて気持ちに余裕がないと、どうしても少しのことでイライラしてしまいます。それを上手くコントロールできず言葉に出てしまいます。

特にパパとは気の知れた仲、だからこそ普段の言葉遣いに外とは違う乱暴に担ってしまっているかもしれません。

満たされるものがお互いできなくなった時、普段の会話で相手に棘を指す言葉遣いばかりになってしまうと、だんだん夫婦仲が悪くなってしまい、そのままセックスレスに発展します。

そんなときこそ、旦那さんに対して酷い言葉遣いにならないように気をつけることが大切です。

少しでもスキンシップをとる

話すのもしんどいなと思う日もあるでしょう。そんなときにお互いスキンシップをとってみるのもありです。

少しの間だけハグをしたりしたりするだで、気持ち的にも沢山するだけで全然違います。マッサージなんかもおすすめです。

パパも仕事などでお疲れですので、少しでも肩やコソをもみほぐしてあげてください。

まとめ

夫婦生活の中で、セックスはとても大切なものでもあります。

ですが、産後となると話は変わってしまいなかなか性欲が湧かずつらい思いをするかもしれません。ですが、これを乗り越えるには『一時的なもの』と割り切るしかありません。

夫婦仲をつなぐには、セックスだけではありません。スキンシップをとったり会話をたくさんしたりすることを意識して乗り越えましょう。

ご参考になりましたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を書いた人
へっぽこママのちよ

育児・子育ての手助けブログです!
17歳の年の差婚、ママは2年目になります。
未熟なところがありますが、愛しい息子と毎日育児に奮闘中!
自分も初めてで助けられたことを他のママさんにも共有したいと思っています。
TwitterやInstagramなどもやっているのでお気軽にお声掛けください^^

へっぽこママのちよをフォローする

子育てママの力になる情報が盛りだくさん!

・初めての妊娠でわからないこと、不安なことがある。
・初めての出産で毎日がすごく不安
・初めての育児が思うようにいかない、これでいいのか不安。など
たくさんの悩みを抱えているママさんが 少しでも元気になるように!明るくなるように! 参考になる情報をお届けしています!

友だち追加
❅出産全て❔子育て・お悩み
へっぽこママのちよをフォローする
おひさまっこ子育て

コメント

タイトルとURLをコピーしました