出産費用ってどれくらいかかるの?

❅出産

こんにちは へっぽこママのCHIYOです。

今回は初期から出産までの費用についてのお話です。

どれくらいかかるのか気になりますよね。

今後のスケジュールを立てるには知っているほうがいいです!

私の出産費用についても細かくお教えいたしますので

よかったら最後までお読みいただけたらなと思います^^

妊娠初期から出産、それまでに必要なマタニティー・ベビーグッズなども

見ていきましょう!

妊婦健診

妊婦健診費用はどれくらいかかる?

妊婦健診は健康保険が適応しません。

平均的健診の自己負担額は約4万円~7万円程度になります。

基本的な検査のみの場合は3000円~7000円ほどですが

特別な検査を受ける場合だと10000円~20000円程度になります

受診する施設にもよるので口コミや施設に聞いてみるのもいいと思います。

一般的に妊婦健診の受診回数は厚生労働省により14回と定められてるため

受診する回数と一回あたりの費用を計算すると約10~15万程度かかることになります。

ですが、妊婦健診の費用は補助金で助成されるため自己負担額はもっと抑えられます。

妊娠が確定した際に、役所に“妊娠届け”を提出すると

母子手帳と一緒に“妊婦健診補助券”が配布されます。

各自治体によって補助される金額が違いますがこれを使うことで

費用の一部を負担してくれます。

出産費用は出産方法でどれくらい変わる?

出産費用はどれくらいかかるの?

出産費用は、分娩方法や検査内容もちろん利用する施設によって差も出てきます。

出産費用は公的医療保険(国民健康保険、健康保険)

対象外の自由診療になるためどこでも同じ金額とはなりません。

平均的な出産費用をお話します。

出産費用の平均は“約50万”となっています。

分娩費用だけで出産費用の半分を占めていて

残りの半分が『入院料』や『新生児管理保育料』『処置・手当料』などの項目があり

すべての項目のトータルが平均費用になります。

出産費用として国から“出産育児一時金42万円”が支給される制度があります。

産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産した場合は約40万円が支給されます。

それ以外は、家庭からの自己負担になります。

自然分娩と帝王切開と無痛分娩の出産費用

自然分娩

麻酔などの医療処置をしない出産方法のため基本的に健康保険は適用されません。

なので平均的な費用の50万円になります。

帝王切開 

自然分娩の費用+10万円程かかります。

手術で出産する方法になるため医療行為にあたります。

そのため、公的健康保険が適用され手術料、入院料、診察料などは3割負担となります。

※手術に関連した費用などで差が出てくる場合がある。

帝王切開の特徴として健康保険適用の医療費は、月単位の自己負担額の上限を超えた場合

高額医療制度』を活用できます。なので自己負担額を抑えられることもあります。

ですので、一般的な帝王切開であれば自己負担額は自然分娩と同額か少し高い程度になります。

処置が複雑になったり入院が長引いた場合は更に費用がかかります。

無痛分娩

自然分娩の費用の+10万~20万程かかります。

麻酔をして陣痛などの痛みを軽減させて出産する方法になります。

これは自然分娩と同じで健康保険が適応されません。

費用は施設によって異なってきますが、自然分娩の金額に+10万~20万が一般的なようです。

麻酔代や陣痛促進剤などの医療行為が増えるため

費用がかかり他の出産方法と比べると高額になります。

出産育児一時金の直接支払制度

出産育児一時金の直接支払制度とは

医療機関等が本人(被保険者)に代わって加入している健康保険の保険者に

出産育児一時金の申請を行うものです。

それによって、出産育児一時金が保険者から医療機関に直接支払われる制度になります。

このおかげで、被保険者の病院の窓口での支払いが大幅に軽減できるのです。

病院での支払いで出産育児一時金より金額が大きかった場合

足りない金額は病院の窓口でのお支払いになります。

逆に小さかった場合は、後で残りの金額を健康保険の保険者に請求します。

※医療機関によって直接支払制度が使えないところもあるので事前に施設に確認しておくのがいいと思います。

その他費用を気にする箇所

施設別出産費用

すべての産婦人科で分娩を行ってるわけではないため

健診を受ける施設とは別に分娩施設を探さないといけません。

出産地域にもよりますがどこで出産するかも大事です。

病院・クリニック(診療所)・助産所

それぞれで出産した場合最も平均して高いのが病院、安いのは助産所です。

クリニックや助産所と比べ病院は入院料、検査料、薬剤料が高額になります。

ですが施設によっても異なるので直接施設に相談するのがいいと思います。

出産するタイミング

おおよその出産予定日はわかっていますがいつ生まれるかは赤ちゃん次第です。

休日・祝日や深夜料金などは施設によりますが

いつのタイミングで入院の費用計算されるのか

1日入院していなくても数分過ぎただけで1日分の入院費が取られたりします。

予め調べたり施設の資料や窓口に問い合わせるのがいいと思います。

室料はちがう?大部屋・個室

病院でも大部屋か個室かにも金額が異なってきます。個室のほうが高いです。

微々たる金額の差ではありますが入院生活中での過ごし方も大事になってくるので

ご家族としっかり相談することをおすすめします。

ママの意見を尊重することが大事だと思っています!

マタニティ用品と必要なベビー用品

お腹のでかたは人によって違いますが、妊娠後半にもなれば

体型はどんどん代わっていきます。

ここで必要になってくるのがマタニティ用品です。

マタニティ用品

お腹が大きくなると今まで着ていた下着も身につけられなくなります。

そのため体にフィットするマタニティ用の下着を揃えたりします。

重いお腹を支える骨盤ベルトや妊娠線予防のクリームを必要としたりします。

出産間近になると入院準備に必要なものも買い揃えます。

母乳パッド産褥(さんじょく)ショーツ生理用ナプキンなどママが産後必要になってきます。

ベビー用品

ベビー用品は赤ちゃんが生まれる前にある程度揃えておいたほうが良さそうです。

産後ママは新生児のお世話に追われて忙しく新生児期は極力外に出せないため

買いに行くことが難しいので揃えておくと快適に過ごせます。

ベビーウェアやおむつ、ベビーカー、必要な方には哺乳瓶など

総額約10万円以上はかかります。

費用をおさえたいのであれば、出産する施設やベビー用品のお下がりなど

いろいろと工夫してみるのがいいですね。

私の出産費用とまとめ

私の出産費用

私は里帰り出産でした。といっても同じ県の違う市なだけですが…

妊婦健診はクリニックに通っていて出産が市立病院になります。

同じ県なのに妊婦健診補助金の金額は1000円ほど違いました。

出産方法は緊急帝王切開です。陣痛で朝方病院に行き夕方に手術でした。

部屋は大部屋で入院したときは誰もいませんでした。

新生児も私の息子一人でした女性病棟だったため

産科の病気などの人が多くいて看護師さんも介助付きっきりで

あまりいい入院生活ではなかった思い出です…!

ただ費用に関しては出産育児一時金をのぞき自己負担額は約7000円程度でした!

一応10万ほど用意をしていたのですごくびっくりしました。

民間保険ではなく共済の女性コースに入ってたため

緊急帝王切開だったのと常位胎盤早期剥離の診断が出ていたので

共済金請求をかけ提出をし入った金額は全部合わせて24万円ほどでした。

入った金額にも正直びっくりでマイナスになる予定が

逆にプラスになり喜んだのが思い出です。

私のようにマイナスよりプラスに成ることもあるので

是非出産する施設や民間保険、共済なども考えておくといいと思います!

まとめ

出産費用もそうですが初めて赤ちゃんの場合ベビー用品もすごく費用がかかります。

あれもこれもと買わず本当に最低限のものを買いましょう。

後々の買い足しはママの体調が落ち着いたときや子供が大きくなってからでも問題ありません。

そしてどんな出産方法になるか、どのくらいかかってしまうのかなど

大体の費用を確認しスケジュールを立ててみてください。

少しでもお力になれたでしょうか…?

ここまで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いた人
へっぽこママのちよ

育児・子育ての手助けブログです!
17歳の年の差婚、ママは2年目になります。
未熟なところがありますが、愛しい息子と毎日育児に奮闘中!
自分も初めてで助けられたことを他のママさんにも共有したいと思っています。
TwitterやInstagramなどもやっているのでお気軽にお声掛けください^^

へっぽこママのちよをフォローする

子育てママの力になる情報が盛りだくさん!

・初めての妊娠でわからないこと、不安なことがある。
・初めての出産で毎日がすごく不安
・初めての育児が思うようにいかない、これでいいのか不安。など
たくさんの悩みを抱えているママさんが 少しでも元気になるように!明るくなるように! 参考になる情報をお届けしています!

友だち追加
❅出産全て
へっぽこママのちよをフォローする
おひさまっこ子育て

コメント

タイトルとURLをコピーしました