産後2年が重要!【産後クライシス】を乗り越えた夫婦の特徴は?

❅出産

こんにちは、へっぽこママのちよです。

赤ちゃんを授かり、産まれてくるまで様々な困難を乗り越えた先には必ず幸せになれる…というイメージが強い産後。しかし、産後2年間がもっとも離婚率が高い時期であることをご存知でしょうか?

厚生労働省の「全国ひとり親世帯等調査結果報告(2016年)」によると

全体(死別を除く)の約4割が子どもが0~2歳のときに、、つまり”産後2年以内”に離婚を決意しているそうです。子どもが3~5歳のときに離婚した家庭を含めると、その数は全体の6割に達しているのです。

それは何が原因なのか、どうしてそうなってしまうのか などこの記事でご紹介したいと思います。

少しでも、お力になれれば幸いです。

産後クライシスとは

初めての自分の子ども…まだ幼く可愛い盛りである時期なのに、どうして離婚率が高いの?と思う人も多いと思います。実は「子供の可愛さと夫婦関係の良し悪しは別物」なんです。

むしろ子どもの誕生をきっかけに夫婦間で考え方や行動に乖離が生じたり、それまで気にもとめなかったことが問題になるなどと、溝を深めがちなのです。

2012年にNHKの「あさイチ」という番組で提唱された「産後クライシス」という現象

産後2年以内の夫婦(特に女性側)の愛情が急速に冷え込むというもので、産後のママのホルモンバランスの乱れや、パパの育児や家事への関わり方にママが大きな不満を持つことが引き金になると考えられています。

特にママのパパに対する愛情は子供が0歳の時点で30%近く落ち込むなど、産後1年足らずで「愛情が急激に冷めていく」という状況の報告がされているそうです。

では、どうしたら産後も良好な夫婦関係を築いていくことができるのでしょうか?

乗り越えた夫婦の特徴やポイントを見てみましょう。

産前産後に対する知識があるか、ないか

妊娠出産によってママの小事と体がどのように変化しているのか。夫婦間にどのように問題が生じやすくなるのか など

パパ側が多少なりとも産前産後のリアルに対する予備知識を持っている場合、産後クライシスを早期に乗り越えているケースが多く見られるそうです。

パパの情報収集元は、テレビやインターネット、漫画などもありますが、一番多いのは「両親学級や父親学級などの講座に参加して学ぶ」です。

参加に前向きではないパパも多いですが、第3者のリアルな話を通じて、楽しいことばかりではない育児に実態や妊娠出産における生命のリスクを知り「夫として父親として何ができるのだろうか?」と考える機会をえていることで、いざおいうときに役立つそうです。

ママだけでなく、夫も一緒に変化を受け入れる準備を行うことが大切です。

産後のママを尊重すること

誰もが、「母親になった自分」をすんなり受け入れられるものなのだろうか?というと、実はそうでもないものです。産後のママたちの中には「自分のアイデンティティを見失うような感覚」に陥るひとも少なくありません。

自分自身ではなく子どもの母親として呼ばれることが増え、自分自身に付いて語ることも少なく、子ども中心とした話題に終始する中、自分が自分でなくなってしまったように感じだり、母親としての自分を肯定できずに違和感を募らせるケースは珍しく有りません。

また、産後しばらく(人によっては数年に渡って)「やりたいことが一つもできていない」と感じる人も多いです。

やりたいこととは、産前までは当たり前にできていたことが中心で、日常生活における「ちょっとしたこと」さえも思い通りにすすめることができず、焦燥感やストレスをためこんでしまうケースも見受けられます。

このように、精神的なダメージを受けやすい状態にある「産後のママ」を前に、一番身近なパートナーであるパパがどのような言動で接するのかはとても重要なことです。

間違えても

「母親になったんだから我慢するべき」「~の奥さんはもっと頑張っている」「俺の母親はこんなこと…」などと突き返さないでください。

「自分のままの意思(ママの感情や考え)」を尊重した発言や行動を意識することが1つポイントです。

※尊重と言っても、言いなりになることではありません。相手を大切に思うことで「おもいやり」をもって接することです。

産後のママは、心身ともに傷つきやすい状態にある、ということを理解し、大切な人を大切にするためのコミュニケーションを重ねることが重要です。

対話ができる夫婦関係へ

対話とは…価値観の違いを尊重し、互いに納得のいく結論を導き出していくコミュニケーションのこと。

相手との間に理解や共感を積み上げながら、1つの方向性・目的に対して「わたしたちの答え」をみだしていく前向きなやり取りのことを言います。

・日常的な「会話」はできても、大切な話ができていなかった。

・お互いが思い描く人生プランや、家事・育児・仕事など現実に向き合った話をしてこなかった。

・どうせ言っても意味がない、自分さえ我慢すれば

など「お互いのマイナスな感情をプラスに変えていくやりとり」や「わたしたちの答えを見出すコミュニケーション」ができず、最悪の事態を迎えているケースが見受けられます。

産前産後のママたちは、ホルモンバランスの乱れや体の疲れから感情的になりすぎたりします。そんなパパたちの中には、こうしたママの状況に寄り添いながらコミュニケーションを重ねることが苦手な人も存在します。

それ以前に、産後・育児期は夫婦ともに疲弊し、話し合う気力が枯渇しているケースもあります。それでも、この時期に臭いものに蓋をしてひとりで抱え込む(抱えさせる)のは絶対ダメです。

たとえマイナスな感情でも、お互い感情に寄り添いながら、ちょっとしたことから大切なことまで夫婦で考え、話合い、決めていく。

辛い・大変・苦しいときほど、一緒に乗り越えていく意思を確認しあうつもりで、『対話』ができれば、産後も良好な夫婦関係を築いていくことができます。

目指すは”対話”ができる夫婦に!

産後すぐはじまる、赤ちゃんのお世話。それは、1人の人間をうみ育てる大仕事とも言えます。

命の重みをひしひしと感じながら、数時間おきに授乳とオムツ替えを行う日々。夜泣き対応で寝不足な体にムチを打ち、腫れ上がるおっぱいの痛みい耐えながら掃除や洗濯、料理などの家事にも取り組んでいく日々。

そうした『産後』にパパとママがお互いを信頼し協力し合えるかどうかで、夫婦の未来は大きく変わります。

離婚は回避できても、セックスレスやお互いへの憎しみの感情へと発展することがないように、夫婦の間に深い爪痕を残して、仮面夫婦を演じ続けるようなことがないように。

初動を甘く見ずに夫婦で向き合える関係性を築くことができることを願います。

まとめ

産後クライシス…本当に怖いです。

我慢に我慢を重ねってしまうと、産後うつになってしまう可能性もあります。

私も、「なんで大変な思いをするのは私なの?」「どうしてすべて任せるなの」

「協力って何?」「私が我慢すれば夫婦の空気が悪くならない」と思って過ごしていました。正直な話、今でもそうです。

そんな中でも、自分を保っていられたのは”子ども”のおかげでした

赤ちゃんのときからいい子で、とても育てやすい子だったのが救いです。今でも…。

知識はとても大切です。パパが学べる場は積極的に参加しましょう!

その知識を生かして、少しでもママの力になってください。

ご参考になりましたでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
へっぽこママのちよ

育児・子育ての手助けブログです!
17歳の年の差婚、ママは2年目になります。
未熟なところがありますが、愛しい息子と毎日育児に奮闘中!
自分も初めてで助けられたことを他のママさんにも共有したいと思っています。
TwitterやInstagramなどもやっているのでお気軽にお声掛けください^^

へっぽこママのちよをフォローする

子育てママの力になる情報が盛りだくさん!

・初めての妊娠でわからないこと、不安なことがある。
・初めての出産で毎日がすごく不安
・初めての育児が思うようにいかない、これでいいのか不安。など
たくさんの悩みを抱えているママさんが 少しでも元気になるように!明るくなるように! 参考になる情報をお届けしています!

友だち追加
❅出産全て❔子育て・お悩み
へっぽこママのちよをフォローする
おひさまっこ子育て

コメント

タイトルとURLをコピーしました