離乳食で食べる果物と注意すること!

全て

こんにちは、へっぽこママのちよです。

今回は離乳食期にあたえていい果物についてお話します。離乳食が始まっていろいろな食材を食べていくと思います。

おやつとしても食べれる果物はいつ頃あげていいのか、アレルギーなどどんなことを注意したらいいのか?疑問が多いママもいると思います。

そんな疑問を少しでも取り除けるようにこの記事をご参考にしてみてください。最後までお読みいただけたら幸いです。よろしくおねがいします。

果物はいつから食べられる?

赤ちゃんが離乳食を始める5ヶ月~6ヶ月(ゴックン期)から食べさせることができます。果物はそのままでも自然な甘みがあるため野菜が苦手な赤ちゃんでも食べやすい食材です。

昔は、2ヶ月~3ヶ月ごろになるとお風呂上がりやお出かけしたときなどに飲ませる白湯と一緒で果実を飲ませる習慣がありました。今では白湯も意識して飲ませる必要もないと言われていて果実もお粥に慣れて赤ちゃんの様子を見ながらあたえていくのが一般的です。早い時期からあたえる必要はありません。

食べ始めにおすすめな果物と適切な量

赤ちゃんの離乳初期5ヶ月~6ヶ月(ゴックン期)のときは、赤ちゃんが上手に飲み込めるように「すりおろし」や「ペースト状」にでしやすい果物から始めましょう。

5ヶ月~6ヶ月(ゴックン期)でおすすめな果物は、りんご・バナナ・桃・いちご・みかん・スイカ・梨などです。


7ヶ月~8ヶ月(モグモグ期)になる頃には二回食になっていて口をモゴモゴして食べられるようになり小さな手で潰せるくらいの固形なら食べられるようになります。

7ヶ月~8ヶ月(モグモグ期)のおすすめの果物は、ゴックン期にプラスして柿・ぶどう・キウイフルーツです。


9ヶ月~11ヶ月(カミカミ期)になる頃は三回食になっていて、豆腐くらいの柔らかい固形を口を動かして食べるようになります。

9ヶ月~11ヶ月(カミカミ期)でのおすすめ果物は、さくらんぼ・ラズベリー・ブルーベリーなどの冷凍の果物が食べられるようになります。

パイナップルやマンゴーなどの南国の果物は消化酵素を多く含み刺激が強いため赤ちゃんに食べさせるには不向きな果物になります。食べさせる場合は2歳以降を目安にしましょう。

月齢ごとの果物の調理の仕方と量

果物はビタミンCもとれて甘さもあり赤ちゃんも好む食材です。離乳食にも取り入れたいのですが、果物味は加糖があるのであたえすぎないようにしましょう。例えば「食後に少しだけ食べさせる」「レシピの中に少量入れて風味つける」といった食べさせ方がいいですね。

離乳食初期 5ヶ月~6ヶ月 ゴックン期

5g 加熱をして裏ごし(ペースト状)にして食べさせます。離乳食初期の赤ちゃんには、積極的に果物は食べさせなくて大丈夫です。食べさせるのであれば6ヶ月以降をおすすめします。

離乳食中期 7ヶ月~8ヶ月 モグモグ期

10g まだ加熱をしましょう、離乳初期の頃食べて食べ慣れていた果物を徐々に生でもチャレンジしていきましょう。

離乳食後期 9ヶ月~11ヶ月 カミカミ期

10g 生で食べれる果物もでてきますが、この時期にはじめて食べさせる果物は必ず加熱をしましょう。

離乳食完了期 1歳~1歳6ヶ月 パクパク期

15g 食後やレシピに入れていた果物を、おやつとして食べさせることもできます。

1日の摂取量:乳児は100g、幼児は100~150g、小学校以降は200g程度が目安になります。

果物を与えるときの注意点

一番注意したいのが『アレルギー』です。果物にもアレルギーを引き起こす原因となるものがあります。

バナナ・りんご・桃・キウイ・オレンジ

離乳食初期の頃に食べさせる果物はママたちが初めて食べさせるものなので調べていることがいいく食品表示にも記載があるので知っているママが多いと思います。

メロン・スイカ・いちご・洋梨・マンゴーなどもアレルギー源になります。特に注意が必要なのは、オレンジ、キウイフルーツ、桃、りんご、バナナです。

初めて食べさせる時には必ず加熱をし、スプーン1杯程度の少量から食べさせましょう。初めての食材を食べさせた後は子供の体調に変化がないか注意深く様子を見るようにしてください。

これらの果物に限らず、新しい種類の果物を試す際には加熱をするのが安心です。消化を良くしたり、アレルギーの原因となる酵素を減らすことが期待できます。

赤ちゃんの消化機能は未発達なため、繊維の多いものは内臓に負担をかけてしまうこともあるそうです。果汁がしぼれる果物のでは、はじめは果汁から与えるのが理想です。

アレルギー表示27品目とは

消費者庁が指定するアレルギー発症の原因になりやすい物質のこと。

重篤度・症例数の多い 7 品目(鶏卵、牛乳、小麦、落花生、ソバ、カニ、エビ)については内閣府令で表示を義務付けし、過去に一定の頻度で健康被害が見られた 20 品目

(いくら、キウイフルーツ、くるみ、大豆、バナナ、山芋、カシューナッツ、もも、ごま、サバ、さけ、イカ、鶏肉、りんご、松茸、あわび、オレンジ、牛肉、ゼラチン、豚肉)については通知により表示を推奨しています。

一番最初に食べる果物は加熱がおすすめ

上記での調理法として加熱して食べさせると書いてありますが 果物は生で食べてもよいとされています。ですが、加熱して酵素の動きを押さえることでアレルギーを引き起こしにくくなります。

最初に食べる果物はまずは加熱することをおススメしています。加熱して美味しい果物は、みかん、りんご、バナナ、なし、桃、柿、イチゴです。すべて、皮を剥いてから加熱します。

湯がく

果物を少量のお湯でゆがきます。

蒸す

よく湯気の上がった蒸し器で蒸します。蒸し器がない場合はフライパンにお湯を張り、果物を入れた耐熱容器を入れ、蓋をして蒸す方法もあります。蒸すことによって甘みが増し柔らかくなります。

オーブン(トースター)で焼く

オーブンに入れて5分ほど加熱するだけです。大人も美味しく食べられます!

電子レンジで加熱

レンジに入れて10秒ほど加熱するのもひとつの方法です。

果物に含まれる栄養素・食べるメリット

果物は、ビタミンC、βカロテン、カリウム、食物繊維などの栄養素を豊富に含みます。

・免疫力を高めて風邪や病気の予防をする

・健やかな肌をつくる

・腸内環境を正常化しお腹の調子をととのえる

など、子供の健康を保つのに大切な役割を持ちます。

「野菜が苦手であまり食べない」という子供は多いと思います。特にこれらの栄養素が不足しやすいため、食後やおやつなどに果物を食べる習慣を付けると良いでしょう。

果物のカラフルな色素成分には、『フィトケミカル』という抗酸化物質が豊富に含まれ、色によって体内での働きが異なるそうです。赤やオレンジ、黄色など様々な色の果物を食べて、毎日を元気に過ごすための栄養を摂取しましょう!

果物の中毒性

果物の甘味や旨味は、癖になるもの=嗜好品(しこうひん)に近いものがあるそうです。

ですので、毎食食べているとそれがないと食事が終われなくなってしまうことも。また糖分が高いものもありますので甘味がない食事に満足できなくなることもあるそうです。

果物は離乳食に毎食取り入れなくても大丈夫。

赤ちゃんにとっても、果物はおいしい甘みです。食べすぎてしまうと癖になってしまうので、時々の楽しみとして献立に取り入れる程度でよいと思います。

まとめ

果実にアレルギー源となるものが沢山あることを知った時はビックリしました。ですが、子供のことを考えると体に足りたい時食べさせやすい食材だと思っています。

はじめて離乳食として食べさせる時は必ず加熱してあげてください。

ママには少し負担になってしまいますが子供の安全を考えて食べさせましょう。離乳食を始めようとしてるママさんなどご参考になったでしょうか??

最後までお読み頂きありがとうございます。

この記事を書いた人
へっぽこママのちよ

育児・子育ての手助けブログです!
17歳の年の差婚、ママは2年目になります。
未熟なところがありますが、愛しい息子と毎日育児に奮闘中!
自分も初めてで助けられたことを他のママさんにも共有したいと思っています。
TwitterやInstagramなどもやっているのでお気軽にお声掛けください^^

へっぽこママのちよをフォローする

子育てママの力になる情報が盛りだくさん!

・初めての妊娠でわからないこと、不安なことがある。
・初めての出産で毎日がすごく不安
・初めての育児が思うようにいかない、これでいいのか不安。など
たくさんの悩みを抱えているママさんが 少しでも元気になるように!明るくなるように! 参考になる情報をお届けしています!

友だち追加
全て❔子育て・お悩み
へっぽこママのちよをフォローする
おひさまっこ子育て

コメント

タイトルとURLをコピーしました